check the nurse

便を調べる

検便検査は昔から行われている検査方法で、昔と現在では検査内容も大きく違います。
昔の検便検査は顕微鏡でぎょう虫の卵や虫を見つけるためを目的としていました。
また、その当時は便を小さい箱にいれて調べるというのが主流でした。
現在では、肛門にシールを張ることによって虫や卵を確認することができますし、ぎょう虫が生息している患者数は少なくなっています。
今はぎょう虫の検査というよりも、消化器系を主に調べています。

検便検査は内科などで行うことができます。
検便検査の際は、便に血が混じっているか、ということを調べます。
便に血が混じっている場合は、胃炎、胃潰瘍、などの可能性があります。
がんの組織はとてももろいですし、血管も豊富ですから、出血する可能性が高いです。
胃がんや大腸がんも簡単に出血しますから、検便検査をすることで、早期発見に繋がることもあります。
ヘモグロビンをチェックをしれば便中の血液を検査することができます。消化管に関する出血なら、ヘモグロビンが混じっています。

検査方法

検便検査をして、便中の血液を調べることで病気かどうかを調べることができます。血液を調べる際にはヘモグロビンを主に確認します。
ヘモグロビンを確認する方法は化学法と免疫法の2つがあります。

詳細を確認する

標準的な排便

排便という1日に1回~2回が標準的です。しかし、下痢や便秘だと標準的な回数の排便を行うのは難しいです。
1日に排出する便の量は性別によっても異なります。男性は200グラム程度、女性は170グラム程度です。

詳細を確認する

便潜血検査

検便検査をして、便の中に入っている血液を調べることを「便潜血検査」と言います。便潜血検査をする際には様々な注意点があります。
痔という場合は陽性がでますから、痔で出血が出ないという時に採取する必要があります。

詳細を確認する

検便の方法

検便検査を行うためには、便を採取する必要があります。検便を初めてやるという人は戸惑うことが多いですが、やり方を知っておくとスムーズに行うことができます。
洋式トイレと和式トイレでは検査のやり方は違います。

詳細を確認する

通販で検査キットを購入

検便検査をするためには、内科に行く必要があると思っている人も多いですが、最近では通販などで検査キットを購入することもできます。
通販で検査キットを購入するメリットは、通常の価格よりも安価で行うことができるということです。

詳細を確認する

保管方法

検便検査を行う際に気になるのが、採取した便をどこに保管するのか、ということです。説明書には冷暗所と書かれていることが多いですが、一般家庭にある冷暗所というのは、冷蔵庫です。

詳細を確認する

疾患

検便検査をして、便潜血陽性と言われたら、心配するのが当たり前の反応です。放置すると重い病気にかかってしまうこともあるので、早めの対処が必要です。
だからといって、心配しすぎるのもストレスになります。正しい知識を持って対処しましょう。

詳細を確認する